各ドラマも後半戦に入り、ラストの行方が気になりますね~
ドラマ撮影も終盤に向け、スタッフ総出で頑張っています017.gif
この時期になると新ドラマも動き始めるので、さらに忙しくなります008.gif

さて、今日は久しぶりに「LAST HOPE」のおやつネタ016.gif

第6話に登場した「生どら焼き」です。
どら焼きの中身は、生クリームとつぶあん。
生クリームは乳脂肪分45%と35%のものを半々でホイップしたものです。

この中身の量が難しいんですよね・・・
たくさんつめすぎると、食べたときに「ぶにゅ」っと出てきてしまうし、
少なすぎても、ボリューム感がでないので、撮影前にスタッフと打ち合わせをしながら、ちょうどよい量を決めました017.gif

さらに、前もってつめてしまうと、クリームがだれてきてしまうので、撮影ギリギリに仕上げました042.gif


↓出番を待ち構えている「生どら焼き」達です!!

e0163825_1231272.jpg
by blog-lavenir | 2013-02-26 11:38 | コラム:住川啓子の現場奮闘記 | Trackback | Comments(9)

ラブニールでは、業務拡大に伴い、
即戦力となるスタッフを大募集いたします!

テレビドラマや料理本、食品メーカーの広告撮影など
あらゆるジャンルのフードコーディネート業務に携わっていただきます。

今回の募集は、フードコーディネーターとしての経験者のみが対象、
管理栄養士・栄養士・調理師の資格取得者、尚可。

履歴書、経歴書、作品の写真を添付の上、
メールまたは郵送にてご応募ください。

■応募先■ ラブニール国際K・Hカレッジ
〒187-0045 東京都小平市学園西町1-25-1
tel: 042-346-5881 / e-mail: khc@tanaka.ac.jp

■応募締切■ 2013/2/26(火)

    ※フードコーディネーターとして、即、働ける方!!
    ※やる気のある方・本気の方に限ります!
    ※もちろん料理が出来る方
    ※車の運転が出来る方
    ※不規則な時間でも勤務可能な方

by blog-lavenir | 2013-02-18 16:13 | ニュース&トピックス

あんなに飛び回るとは・・・037.gifタコさん。

江口さん演じる江崎が嬉しそうに手にしていた『生きたタコ』、
アシスタントが早朝、築地に行って仕入れてきました!
夜遅くまで撮影だったので、ほとんど寝られなかったね007.gif
このドラマは、今までにないほど、大変なのですが、
アシスタントたちが本当によく頑張ってくれています001.gifいつもありがとう016.gif

劇中に出てきたこのセリフ・・・
-「愛している」より「美味しい」って言われるほうが嬉しい-

「美味しい」という言葉は、魔法の言葉だと思います。
私やアシスタントがここまで頑張れるのは、
「美味しかったよ」のその一言で、疲れが吹っ飛ぶからなんですよね。
もちろん「愛している」っていう言葉もほしいですけどね(笑)

江崎の奥さまが注文した「最後の晩餐」がこちら・・・
e0163825_12472799.jpg

e0163825_12565185.jpg

e0163825_12582737.jpg


皆さまは、涙するほど、思い出深いお料理がありますか?
これからも人の心を動かせるようなお料理を作れるように頑張りますっ029.gif
by blog-lavenir | 2013-02-12 13:08 | コラム:住川啓子の現場奮闘記 | Trackback | Comments(0)

先日の放送は、関めぐみさん演じる”武藤はづき”のお話でしたね006.gif

冒頭のシーンで、OB訪問の女子学生にはづきが言った一言・・・
「あなた、12時間、ずっと立っていられる?」
「  はっ・・・? 」
「最初の1年間は、掃除と皿洗いのみ」
「朝一番に来て、夜中に帰って、休日は家で寝るだけ」
「  ・・・   」

それを超えて、プロになっていくのですよね。
フードコーディネーターにも同じことが言えるな~と思っちゃいました045.gif



こちらは、はづきのお父さんが花丸をつけてくれた
「ラビオリ・カンポ・ディ・フィオーリ」。詰め物入りのパスタで、
「カンポ・ディ・フィオーリ」はイタリア語で「花畑」という意味です!
e0163825_17534720.jpg


あのお皿に残ったソースでかかれた花丸を見た瞬間、
ほろっ007.gifとした方も多いのではないでしょうか。

また、奥園さまの正体、驚きでしたね!?
今後の展開が楽しみですね016.gif
by blog-lavenir | 2013-02-07 17:56 | コラム:住川啓子の現場奮闘記 | Trackback | Comments(0)